水炊き

博多水炊きのレシピ

博多水炊きの特長はなんといっても鶏がらをじっくり煮込んで作られた白濁の鶏がらスープです。同じ水炊きといっても昆布だしなどでダシを取って、そこに鶏肉を入れるのとは異なります。スープだけでも美味しい博多水炊きのレシピを紹介し […]

水炊き

博多水炊きのレシピ

博多水炊きの特長はなんといっても鶏がらをじっくり煮込んで作られた白濁の鶏がらスープです。同じ水炊きといっても昆布だしなどでダシを取って、そこに鶏肉を入れるのとは異なります。スープだけでも美味しい博多水炊きのレシピを紹介します!

スポンサーリンク

博多水炊きレシピ

材料(4人前)

・鶏がら(鶏3羽分程度)・・お肉屋さんで約300円前後で買えます。
・昆布
・鶏肉
・お好みの野菜(鶏肉がメインですので、少なめでOK)
・鍋(大きめのもの)
・万能ねぎ

作り方

  1. 大きめの鍋を用意します。その中に水をたっぷりはり、沸騰させます。沸騰したら、そこに用意した鶏がら(1羽に付き3等分くらいに叩き割っておきましょう)を全部入れます。(強火のまま)
  2. しばらくしたら、アクが浮いてきますので取り除きます。5分程度で一旦火を止めて、お湯を捨てます。
  3. その後、再びお鍋に水をはり、鶏がら2-3時間ほど煮込みます。煮込む際は、圧力鍋などを使うとより短時間でスープが出来上がります。(さっぱりとしたスープが好きな方は短めに。)
  4. また、博多水炊きは、やっぱり白濁色の濃厚なスープがお好きという方は、1時間ほど鶏がらを煮たあと、一度鶏がらを鍋からあげて、厚手のビニール袋に入れて、ビール瓶などの固いもので叩きます(10-20回程度)。そして、細かくなった鶏がらを再度鍋に入れて煮込みます。こうする事で、より鶏がらのスープが濃厚になります。
  5. 鶏肉は一度沸騰したお湯に湯通しし、汚れをとります。
  6. 鍋に、昆布とお酒、水を適量加え鶏肉を弱火で20分ほど煮込みます。煮込んだ鶏肉はお皿にあげておき、ゆでただし汁は(1)のスープに加えておきます。

召し上がり方

  1. 土鍋に(1)のスープを張り、(2)の鶏肉を加えます。最初野菜などは加えずに、スープと鶏肉だけを入れておきます。
  2. まずは、スープを湯のみなどに取り、少量の塩と万能ねぎを刻んだものを加えて飲み、 博多水炊きの鶏がらスープの味を楽しみます。
  3. その後、お好みで野菜類を加えて、ポン酢等をつけて召し上がってください。(お好みでゆず胡椒などを加えても美味しいです。)
  4. 最後に残ったスープにご飯と溶き卵を加えて、雑炊にして腹がためをします。
  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です